fc2ブログ

公式 中世歌謡研究会

中世歌謡研究会は、学術的研究集団です。歌謡と音楽関連の説話を読んでいます。現在は、『梁塵秘抄』および『古今著聞集』巻第六管絃歌舞の輪講を行っています。毎年8月には、研究発表大会を行っています。このブログでは、例会のお知らせなど随時アップします。

Entries

『論集 文学と音楽史 詩歌管弦の世界』

磯水絵編
『研究叢書435 論集 文学と音楽史 詩歌管弦の世界』
2013年6月、和泉書院 15000円(税抜)

books磯水江


【目次】
前言 田中幸江
中世楽人気質―楽人・侍・京童・寵童・強盗・荘名主― 福島和夫
法深房藤原孝時の出仕 櫻井利佳
大神式賢考―『榻鴫暁筆』巻十八・第七「皮笛」を巡って― 小椋愛子
工尺譜の起源をめぐって―唐代の文字譜との関係― 
                  スティーヴン・G・ネルソン
霊的なる楽器、霊的なる音と琵琶の細工 ―藤氏西流および藤原孝道を事例として― 
                           猪瀬千尋
御歌仕うまつるべき男―人長作法の召人について― 中本真人
宇治一切経会における舞楽―入調舞の傾向を中心に― 大島幸雄
中世歌謡の燕―情愛の鳥・仏心の鳥・吉祥の鳥― 植木朝子
陵王荒序の秘曲化について 荻美津夫
軍神と歌神の中世―『太平記』と住吉神主家資料をめぐって― 清水眞澄
『舞楽手記』筆者・成立考 付『楽所補任』の筆跡について 神田邦彦
もう一つの『舞楽府合鈔』―『竹儛眼集』の引用から― 中原香苗
今出川公規と禁裏の楽器・楽書について
    ―専修大学図書館蔵『公規公記』の記事から― 田中幸江
〈竜女の教化〉考 新井弘順
高野山所蔵『朔日羅漢講式』について―曹洞宗の『羅漢講式』との比較― 
                          ミヒャエラ・ムロス
平曲と読経道―書写山をめぐって― 柴佳世乃
敦実親王伝攷 飯島一彦
藤原師通の漢籍〈知〉と匡房・通俊―声と文字との往還― 中丸貴史
言談抄々注 告井幸男
『孝養集』の享受―智積院新文庫蔵本を中心に― 高橋秀城
『今鏡』の視座―「今」の用例を出発点として― 高野慎太郎
『唐物語』楊貴妃説話における音楽の取り込み―藤原成範と娘小督― 田代幸子
『無名抄』「我与人」考 五月女肇志
護法童子信仰の成立と不動信仰 小山聡子
数奇者長明―『方丈記』の管絃、『文机談』の長明― 磯 水絵
お礼の言葉 磯 水絵
編集後記 櫻井利佳

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

中歌研

Author:中歌研
中世歌謡研究会FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR